【3万円台】家賃の安い物件を探すコツ【アパート・マンション】

f:id:ashita_bassist:20200529174118j:plain

できるだけ安く一人暮らしをする上で、まず節約したいのが「家賃」などの大きな固定費です。

家賃は後から節約することができないので、最初の「物件選び」の時点で運命が決まります。

そこで、このサイトの「月10万円以内で一人暮らしをする」というコンセプトに合わせて、可能な限り安い「家賃3万円台」で物件を探すポイントをまとめてみました。

都市の中心部から離れた物件を探す

「都市部は家賃が高い」というのは、誰もが予想がつきますね。こればかりはどうしようもない不動の事実です。

が、逆に言えば「都市部から離れるほど家賃は安い」ということになります。都市部に近いエリアから1駅~2駅ほど離れるだけで、家賃相場は目に見えて下がっていくことが多いです。

東京でさえ、23区外まで出れば家賃3万円台でまともな物件が意外と見つかります。23区外でも電車で1時間もかからず都心に行けるところがほとんどなので、「毎日渋谷に行きたい!」というわけでもない限り、問題なく東京暮らしができるでしょう。

 

(東京にこだわりがなければ)地方都市に住む

どうしても東京で暮らしたい理由がなければ、あなたの地元から近い、地方の中心都市(大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、仙台など)に住むのもありでしょう。

こうした地方都市なら、中心部に近いエリアでも3万円台の物件がふつうに見つかることも多いです。

物価が安く、それなりに都会暮らしも満喫できる。そんな地方の都市は、ある意味で「コスパ」のいい街と言えます。

 

狭い部屋・古い部屋(リノベーション物件)を狙う

「少ないお金で一人暮らしがしたい」という方は、あえて狭い部屋(6畳のワンルームなど)を探すのもおすすめです。

狭い部屋は家賃が安いのに加えて、冷暖房の電気代など、入居した後の生活費の節約もやりやすくなります。

また、最近はリノベーション物件(古い物件をきれいに改装した物件)も増えていて、これらの物件は家賃が安いのに、新しい物件と変わらない住み心地です。物件探しのポイントとして意識してみるといいでしょう。

 

繁忙期を避けて物件探しをする

引越し屋さんの見積もりなどは「繁忙期(3月~4月の入学・入社シーズンなど)を避けると安い」ということが知られていますが、物件選びにも同じことが言えます。

物件を探す人が少ないシーズンは空き部屋を減らすために家賃が下げられたり、不動産屋さんがお得なキャンペーンをやっていることも。初期費用をグッと抑えるチャンスです。

仕事などの制約がない人は、あえて一般的な引越し時期からずらして物件を探してみましょう。

 

まとめ

以上、誰でもできる、家賃の安い物件を探すポイントを紹介しました。

ほんとにちょっとしたことですが、こういうポイントに気をつけるだけで意外と結果が変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。