節約生活のスマホは「格安SIM」で決まり

f:id:ashita_bassist:20200531093435j:plain

このサイトのコンセプトである「月10万円以内で一人暮らしをする」ことを考えたときに、節約の重要ポイントになるのが「通信費(スマホ代、ネット代)」です。

なかでも現代の生活で必須とも言えるスマートフォンの維持費は、多くの人が安く抑えたいと考えているのではないでしょうか。

筆者もスマホ代を抑えるために、格安SIMを利用しています。その使い心地や特徴をまとめてみました。

月額費用が1,000円台に収まることも

まず気になるのが、「月額いくらかかるのか」ですよね。

筆者は楽天モバイルの月3.1GBのプランに加入していて、基本料金は1,600円です。docomoからの乗り換えでの加入だったので、その頃の電話番号「090~」も引き継いで使えています。

そこに、端末が故障した際の保証・サポート500円を加えて、月額は税込みで2,500円弱。これで全てです。大手キャリアと比べると、圧倒的に安いんじゃないでしょうか。

楽天モバイルに限らず、格安SIMの月額費用はだいたい2,000円~3,000円くらい。安い場合だと1,000円台に収まることもあります。

 

Wi-Fi環境下で使う人なら通信量の心配もなし

ギガが少ないプランだと、外でWi-Fiに繋がずネットをガンガン使う人にとっては心細いプランでしょう。

が、自宅でWi-Fiに繋いだうえでスマホを使うのがメインの人なら、通信量の心配はありません。

「月10万円で一人暮らし」を目指しているのに外にバリバリ遊びに行く人は少ないと思うので、貧乏生活で使うスマホとしては格安SIMのギガ少な目のプランで十分すぎます。

 

通話をあまり使わない(LINEがメインの)人なら通話料の心配もなし

格安SIMは基本料金が安い分、電話番号での通話を使えば使うほど通話料が大きくなりがちです。

が、今はほとんどの人がLINEでの通話をメインに使っているんじゃないでしょうか。筆者も普段の連絡ではほぼLINEしか使わず、通話は親からたまに電話が来るくらい……という状況なので、通話料が発生することすら滅多にありません。

(仕事の都合などで)ふつうの通話をバリバリ使う……という人でもなければ、格安SIMでデメリットを感じることは少ないと思います。

 

結論:LINEやSNSメインで使うなら全く問題なし

結論から言うと、「通話を使いまくるわけでもなく、キャリアのメールアドレスが必須でもなく、普段はLINEやTwitterなどのSNSをメインで使っている」という人なら、格安SIMでも日常生活には何の問題もないと思います。

「月10万円以内で一人暮らし」など節約生活を心がけるタイプの人は、ほとんどがこのようなかたちでスマホを使うんじゃないでしょうか。

皆さんもぜひ「スマホ代」という大きな固定費を節約しましょう。今は楽天モバイルが独自回線を一気に広げて、さらに「1年間無料」というものすごいキャンペーンをやっているのでおすすめです↓